【桃太郎電鉄】収益率が低い物件を最終年に買うと損?

資料を見て悩んでいる

・なんで最終年の3月に収益率が低い物件を買うの?
・収益率が100%未満の物件は元を取るのに時間がかかるんじゃないの?


今回は、桃鉄に関する上の疑問を解決します。

知っているのと知らないのでは大きく差がつくところなので、ぜひ参考にしてみてください。

結論:買っても損しない

ビシッ


むしろ買わなきゃ損です。

なぜなら、桃鉄は収益率の低い物件を買っても損しないからです。

まず、桃鉄の勝敗に関係する「総資産」とは、「持ち金+物件の総額」のことを指します。

例えば、持ち金5000万円で物件が0件だと、総資産は「持ち金5000万円+物件の総額0円」で5000万円

この状態で5000万円の物件を買っても、総資産は「持ち金0円+物件の総額5000万円」で5000万円と変わりません。

よって、どれだけ低い収益率の物件を買っても、総資産の面では損しないことがわかります。

つまり、最終年の収益を少しでも増やして総資産に加算したいなら、収益率が低くても買ったほうがいいというわけです。